お散歩カメラ

Photo@Labo. : 実験室

HOLGA 120シリーズの視界

HOLGA 120GCFN出来上がった写真を見て、「あれっ?こんなんだった?」って思うことありませんか?私はありありです。

よく「写真を撮るコツは?」と聞かれますが、カメラ自体がおりこうさんになった昨今、写真の良し悪しを決めるのは・・・はっきり言って「構図」だと思っています。

例えば普通のオートマチックなデジカメを使用した場合、ピンとは黙っていても合わせてくれるし色も決まる。カメラ自身が決められないこと、それはファインダーの中にどのように対象物を納めるか、だけだからです。勿論、マニュアルで色々と変化をつけるとその限りではありませんが・・・ほとんどの人、そんなことしないでしょう?

で、HOLGAの写真が出来上がるといつも思うのです。「こんな間抜けな構図・・・なんで?!」と。私の感覚の問題なら、まあ(良くはないけど)仕方がない。でもHOLGAをとりあえず疑ってみました。

他人様の家の塀、アプローチのタイルを目印に、覗いたときにファインダーに見えた様子を記録し、現像された写真を比べてみました。
すると、なんとファインダーで覗いたよりも16%近くも広く写っているのです(覗いた角度、カメラの傾き、またHOLGAによって違うと思いますが)。

HOLGA 120CFN右の写真で黒くかぶっている部分が、実際ファインダーに写っていなかったスペースになります。

・・・結構、広いよね?!

HOLGA 120GCFN
Kodak 400NC

Tags;,

2006年5月12日 15:49

Trackback URL

Comment

※今までコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に管理人の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されませんので、しばらくお待ちください

to Page top

Polaroid SX-70, HOLGA, 英国、ドライブ旅行, マチュピチュ、ペルー