お散歩カメラ

Photo@Labo. : 実験室

HOLGA のプラスチックレンズとガラスレンズ〜リベンジ篇

前回失敗したプラスチックレンズの「HOLGA 120CFN」とガラスレンズの「HOLGA 120GCFN」の比較に再度チャレンジしました。

そこそこ晴れた日、近距離フラッシュ無し、バブル無しと同条件で撮影してみましたが、違いは明らか!ガラスレンズのほうが青みが強くシャープに写り、プラスチックレンズは軽く色がにじんでいるような、柔らかな風合いになります。

上と同じ条件で風景モードで撮影。ピンの甘さというか・・・風景の場合はプラスチックガラスだとどうもぼけぼけぼけぼけぼけ・・・。

風景は(私の場合は)ガラスレンズのほうが良いと断言できるのですが、他の方が撮影した写真を見ると、はっきり・しっかり写っているものも多いので、これはカメラによる個性なのかもしれません。

近距離の撮影は、個人的にはしっかり・くっきり・はっきりが好きなので、ガラスレンズに軍パイがあがりますが、プラスチックレンズの良さも捨て難い感じです。

HOLGA 120CFN/GCFN
Kodak Professional 120 vivid color PORTRA 400VC

Tags;,

2006年5月13日 15:18

Trackback URL

Comment

busaiku☆ヒロタソ

2007年12月30日
00:13

初めまして!mixiのコミュではありがとうございます!!

このような比較を探していたのです(w
頭ではガラス=隅々までハッキリ写る。
プラ=ふんわりしたノスタルジック
解っていても実際を見ない事には・・・と
慎重になりすぎていました(w

とても参考になりました!!

そして悩みます(w

@管理人

2007年12月30日
22:00

>busaiku☆ヒロタソ さん
mixiではどうも〜^^
トイカメラと言っても数百円で買えるわけじゃないので
使う前から二つ買うってのも無理な話ですよね。
私はぼんやりした写真はポラロイドのSX-70で楽しんでいるので
HOLGAはガラスレンズ派ですw

※今までコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に管理人の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されませんので、しばらくお待ちください

to Page top

Polaroid SX-70, HOLGA, 英国、ドライブ旅行, マチュピチュ、ペルー