【世界遺産】バルセロナでガウディ建築を巡る(1)Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)バルセロナ(Barcelona)
Casa Batlló(カサバトリョ)

朝一番のチケットを購入した、『Casa Batlló(カサバトリョ)』。実は滞在したホテルから歩いて5分だったこともあり、ゆっくり起床して、コーヒーも飲まずに向かいました(バルセロナの朝は意外に遅くて、8時前に開いているお店が少なかった💦)。

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)グラシア通りの反対側から撮影。隣にある建物も有名なモデルニスモ建築です

スポンサーリンク

Casa Batlló(カサ バトリョ)とは

1904年から2年かけて増改築が成された、繊維業で財を成したBatlló(バトリョ)家の邸宅です。建物の中全体が海の底のような神秘的な空気を放っていますが、外見は骸骨のようなバルコニーとサンゴがこびりついたような、でも可愛らしい壁が特徴的です。

近所にあるモデルニスモ様式の邸宅に対抗して設計されたと言われる、アントニ・ガウディの傑作です。

Casa Batlló(カサバトリョ)はオンラインで事前予約ができます

バルセロナの見学できる建物の多くは、オンラインで事前予約ができます。ファストパス、時間指定が必要なもの、必要でないもの、ガイド付き、ナイトツアーなど色々なプランがあるので、旅の計画に沿って利用するととても効率的です。

前もってクレジットカードで払えるので、両替を沢山しておく必要もなく、また現地で当日に購入するより割引されているのも嬉しいです

[予約]オンラインチケット申し込み(Casa Batlló/カサ バトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)、Be the First!

私が予約したのは朝一番の入館です。恐らく人が少なくて、写真が撮りやすいかな?と。

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)朝一番の予約をして並ぶ人々。8時半が最速ですが、まだ開いているお店は少ないので朝ごはん抜きで

Casa Batlló(カサバトリョ)玄関の中に入るとこんな感じ。左手でスマートフォンタイプのガイドを無料で貸し出しています

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)一番便利だったオーディオガイド。操作性は良いとは言えませんが、好きなときに動画付き説明が聞けるのが良かったです

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)入口のホールから上に上がったところ。左に見えるのは座席がしつらえられている暖炉です

混んでいたので入口からここまですぐに上がってしまったのですが、玄関ホールは唯一戻れない(戻りにくいだけかもしれませんが…)場所でした。少し後悔…。

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)波間に映る太陽のようなシャンデリア。見ていると吸い込まれそうです

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)一番の見どころである2階の窓。一人一人写真を撮っているので、誰もいないところを狙うのが難しい…

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)青いステンドグラスは少し曇った日差しが丁度良く、美しい…

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)扉の一つ一つがとても凝っていて、複雑な曲線を描いています

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)2階の大きな窓から下を覗いてみました。観光客が増えてきたけれど、車どおりは少ないですね

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)実際はどんな家具がどんな風に置かれていたのか?想像するのも楽しいです

Casa Batlló(カサバトリョ)取っ手までガウディ自身がデザイン。既存のモノを使わず凝れるというのは、建築家としては楽しい限りでしょう

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)テラスに出ることができる部屋。扉の前に柱なんて…普通じゃない(笑)

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)柱は細かいタイルづくりでマーブルのような模様です

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)2階のテラスからダイニングを眺めます。植木鉢もガウディのデザイン

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)バルセロナのお店はオシャレなタイル造りが多いですが、その中でもガウディのタイルは優雅で可愛いデザイン

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)こちらの扉はちょっと大人しめ?ダイニングだからかな?

Casa Batlló(カサバトリョ)ちょっとした窓も凝っています。この窓を作るのも、ハメるのも大変そう

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)日が届く壁は明るいブルーで、階段側は灯が写って映える黄土色。このあたりも計算でしょうか?

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)部屋の扉には、ガウディの作ったフォントで番号が入れられています

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)ガウディが手形を取って作ったという取っ手。私にはちょっと持ちにくかった…手の大きさが違うからかな?

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)煙突が並ぶ屋上。夜のライトアップの電球が若干邪魔…

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)可愛らしい花がデザインされているものが多かった

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)隣のCasa Amatller(カサ アマトーリョ)を眺めると、素敵なテラスが。でも、あれ?ちょっと…

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)ガウディ建築に多い、立体的な十字架とトカゲの背中のような屋根

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)こういう曲線を固い資材で造るってすごいなぁとしみじみ思います

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)お隣のCasa Amatller(カサ アマトーリョ)の屋根…張りぼて?!

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)屋上に近い場所は白の洞窟のようなデザイン

Casa Batlló(カサバトリョ)屋根裏部屋みたいな場所でしょうか。タイルが50’sっぽくて妙に可愛い

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)残念ながら乗ることはできなかったけれど、テンションが上がるデザインのエスカレーター。実際に足の悪い方は使えます

Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)1時間弱、ゆっくりと眺めて外に出たところです。あまり並んではいないですかね。スタッフの女性の衣装が可愛らしい!

Casa Batlló(カサバトリョ)見学情報

ネット予約
Online tickets Casa Batllo Official website | Gaudí Barcelona | Casa Batlló
住所
Passeig de Gràcia, 43, 08007 Barcelona
最寄り駅
Passeig de Gràcia

詳細・最新情報は公式サイトでご確認ください

バルセロナは『世界遺産』と『アントニ・ガウディ』を想う旅
バルセロナ(Barcelona)の魅力とガウディ 独立運動の話題も記憶に新しい、カタルーニャ地方の主都バルセロナ(Barcelona)。12年前に訪れたときに思ったのは、「あ...
旅のルート(夏の海外旅行 - スペイン『スペインの美術と美食を堪能するひとり旅』)
長期休暇が取得しやすい夏休みは、必ずと言ってよいほど海外旅行に出かけています。友人と一緒の時もあれば、家族と一緒の時もあります。また、おひとりさまも多いです。 2018年は、...
Casa Batlló(カサバトリョ)

Casa Batlló(カサバトリョ)隣にあるCasa Amatller(カサ アマトーリョ)。う~ん、張りぼて…