山梨県|富士エコキャンプ場~富士山がかなり大きなキャンプ場

富士エコキャンプ場は、富士山がかなり近い!ソロ目線なキャンプ場レビュー
富士エコキャンプ場は、富士山がかなり近い!

富士エコキャンプ場は、富士山の麓にありバリエーションのある風景を楽しめるオートキャンプ場です。

『エコ』と付いている通りの試みをしており、ソロからグループ、家族連れと様々な使い方ができる事もこのキャンプ場の魅力の一つでしょう。

Ad

富士エコキャンプ場はどんなところ?

富士エコキャンプ場は山梨県富士宮市にあります。ゆるキャン△の聖地である人気のオートキャンプ場ふもとっぱらキャンプ場とは車で15分ほどしか離れておらず、位置的にはより富士山に近くなります。

山梨県|ふもとっぱらキャンプ場 ~初心者にもおススメな富士山が見える高規格キャンプ場
ふもとっぱらキャンプ場は、富士山の麓にある人気キャンプ場で、眺望に優れた広いフリーサイトで有名です。 私はグルソロキャンとソロキャンで利用しましたが、個人的にソロキャンデビューにも...

規模的にはふもとっぱらキャンプ場よりかなり小さくなりますが、フリーサイトのオートキャンプ場で、設備も良い事から家族連れでもキャンプ初心者でも楽しめます。

車で行ける範囲に道の駅朝霧高原道の駅なるさわ田貫湖本栖湖があります。

富士エコキャンプ場内を散歩していて楽しかったのは、鶏が飼われていて売店で新鮮な卵を買う事ができたり、ちょっとした高低差や木や建物の配置で、サイトによってちょっと違う風景を楽しめることでしょうか。

「人間=餌をくれる」と認識しているのでしょう…ごめんなさい、エサ持ってませんでした・・・

「人間=餌をくれる」と認識しているのでしょう…ごめんなさい、エサ持ってませんでした・・・

元々は体験型の環境教育施設として、2021年4月から農業体験型キャンプ場としてリニューアルしています。

日曜日には餌やり体験もありますので、鶏の餌になる生ごみは捨てずに収集しておくことが推奨されています(私はソロキャンだったので、エサとなる生ごみはほとんど出ませんでした・・・残念)。

富士エコキャンプ場の設備・サイト

富士エコキャンプ場は私には十分設備の整ったオートキャンプ場ですが、シャワーや温泉などはありませんので『高規格』では無いかと・・・でも、一般的なキャンパーが困る事はきっと無いですね。

基本的な場内施設のきれいさ・便利さ

女性やファミリキャンパーに嬉しいのは、トイレや水場のきれいさ・備品が整っているところでしょうか。

さほど広くないため、管理棟の横、キャンプ場の中央にあるお湯の出る水場と、個室が4つ(女性用)ある温水洗浄便座のあるトイレを多くの人が使う事になりますが、私が使用した時に列ができる事はありませんでした。

センターハウスの隣にある暖かいトイレと水場

センターハウスの隣にある暖かいトイレと水場

簡易トイレと自動販売機

仮設トイレと自動販売機

お湯の出る水場は2箇所あり、洗剤やスポンジ、手指の消毒液も置かれています。外にありますがひさしの下になりますので、雨でも傘を差さずに洗い物ができます。

温水洗浄便座のあるトイレは中央だけですが、仮設トイレも幾つかあり、混雑している様子は見かけませんでした。

入り口からキャンプ場内を横断するメインロード

入り口からキャンプ場内を横断するメインロード

色々な景色が楽しめるAからHのサイト

サイトはAからHまで、大きく8つのサイトにわかれています。それぞれのサイトに特徴があり、散歩をしながら「次はここに・・・」とつい次回を想像してしまいます。

富士エコキャンプ場 キャンプサイトマップ(fujiecopark.com)

富士エコキャンプ場 キャンプサイトマップ(fujiecopark.com)

オートキャンプサイトA

公道から直接車で乗り入れるオートキャンプサイトです。区画はありませんが1組10m四方のエリアを使用する事ができます。

車・タープなどを含めて10m×10mに納めれば、複数のテントを張るのもOKです(ただしエリア内の駐車は1台のみ。2台目以降は管理棟向かいの駐車場へ)。

柵の左右がオートキャンプサイトA

柵の左右がオートキャンプサイトA

比較的公道が近くて車の音がしそうですが、平らなエリアが広がっているので、グループやファミリーの方はテントやタープを張りやすいですね。

富士山ビューを遮ぎるものはありませんが、電線は目に入ってしまうかもしれません。

サイトAの背後にある2つのバンガロー

サイトAの背後にある2つのバンガロー

バンガローは4名まで宿泊できるようです。

オートキャンプサイトB

少し高台にある狭いエリアです。

サイトBを富士山側からみています。狭いエリアですが、お湯の出る水道が近く便利そう

サイトBを富士山側からみています。狭いエリアですが、お湯の出る水道が近く便利そう

何組予約が取れるのかはわかりませんが、エリア全体が狭いので・・・4組ぐらいでしょうか?

私が宿泊した金曜日は一組の家族連れの方おり、電源も使用されていました。

サイトBにある水道です。お湯がでますし自販機があります

サイトBにある水道です。お湯がでますし自販機があります

フリーキャンプサイトC

1組10m四方のエリアを利用する事ができます。雨天時は車の乗り入れ禁止ですが、チェックイン日が雨で無ければテントの傍に車を置いておくことができるフリーキャンプサイトです。

富士山に近くかなり大きく見えます。オートキャンプサイトBほどではありませんが、なだらかな段差(サイト内の高低差)があります。

オートキャンプサイトB当たりから。左に見える柵の左右が「A」、右手が「C」です

オートキャンプサイトB当たりから。左に見える柵の左右が「A」、右手が「C」です

管理棟を背にして「C」とその隣にあるフリーキャンプサイトE当たりを眺めています

管理棟を背にして「C」とその隣にあるフリーキャンプサイトE当たりを眺めています

個人的には道路が近いのと、富士山を見た時にしっかり電線が視野に入ってしまうのが残念でした。

オートキャンプサイトD

個人的には一番面白い、次は是非泊まってみたいのがこのオートキャンプサイトDです。

富士山を背にして、オートキャンプサイトHの隅からオートキャンプサイトDを眺めています

富士山を背にして、オートキャンプサイトHの隅からオートキャンプサイトDを眺めています

マップで見ると広い長方形のエリアのように見えますが、建物(古い給水塔かサイネージのようなもの)や樹木が緩やかにサイトを仕切っていて、場所によってはかなりプライベート感があります。

開けているところもありますが、場所によっては樹木や管理棟で視野は遮られます

開けているところもありますが、場所によっては樹木や管理棟で視野は遮られます

茶色い建物の右手側が、かなりプライベート間のあるスペース

茶色い建物の右手側が、かなりプライベート間のあるスペース

トイレの前の開けたところが正面になるので、景色も遮られません

トイレの前の開けたところが正面になるので、景色も遮られません

「G」からオートキャンプサイトDと道を挟んだセンターハウスを眺めています

「G」からオートキャンプサイトDと道を挟んだセンターハウスを眺めています

オートキャンプサイトDから「E」を眺めています

オートキャンプサイトDから「E」「F」を眺めています

センターハウス、水道、トイレがかなり近いですが、道路とサイトで段差があるため人が歩いたりしているのはさほど気にならないのでは?と思いました。

フリーキャンプサイトE

広いのでグループで場所取りしやすく、また正面に富士山が見えるのがフリーキャンプサイトEです。

「A」「B」「C」と同じく富士山の正面になるので目の前に巨大な富士山を望む事ができます。

オートキャンプサイトEにも緩やかに段差があります。場所によっては樹木で富士山が見えにくいかも

オートキャンプサイトEにも緩やかに段差があります。場所によっては樹木で富士山が見えにくいかも

メインの道路からフリーサイトEとオートキャンプサイトFを臨む

メインの道路からフリーサイトEとオートキャンプサイトFを臨む

緩やかに高低差があったり、樹木があるので場所によっては富士山が見えにくい所があるかもしれません。

オートキャンプサイトF

富士エコキャンプ場内には2箇所、太陽光パネルがあるのですが、その2か所に挟まれているのがオートキャンプサイトFです。

中央の道から。太陽光パネルに挟まれているのがオートキャンプサイトFです

中央の道から。太陽光パネルに挟まれているのがオートキャンプサイトFです

オートキャンプサイトFの横には太陽光パネルがありますが、富士山の眺望を邪魔する位置にはなりません

オートキャンプサイトFの横には太陽光パネルがありますが、富士山の眺望を邪魔する位置にはなりません

太陽光パネルは想像よりも大きかったですが、真ん中にあるパネルは量的に富士山を遮る事にはなりませんでしたし、奥にあるパネルは位置的にあまり視界の邪魔にはなりませんでした。

敷地内の樹木は小さなものが多く、日中傍を歩いたときは「真夏は意外と良い日陰になるかも」と思いました。

オートキャンプサイトG

富士エコキャンプ場の一番奥にあるオートキャンプサイトです。オートキャンプサイトHの奥にありますが、少し段差があるため、富士山もしっかり見る事ができます。他のサイトに比べサイト内の高低差はさほどなく、テントやタープが立てやすいかもしれません。

オートキャンプサイトGが排水溝の左手、右手がオートキャンプサイトH

オートキャンプサイトGが排水溝の左手、右手がオートキャンプサイトH

オートキャンプサイトGとオートキャンプサイトは通路もなく隣合っていますが、間に排水溝があるため場所取りがしやすかったです。

オートキャンプサイトGとHは分かれていますが、段差は緩やかです

オートキャンプサイトGとHは分かれていますが、段差は緩やかです

オートキャンプサイトH

オートキャンプサイトサイトGの富士山側にあるのがオートキャンプサイトHです。

富士山を正面に左手にある太陽光パネルが、オートキャンプサイトFとの仕切りになっています。富士エコキャンプ場では1番か2番目に大きなサイトです。

金曜日のオートキャンプサイトHは、2組3人で広々としていました

金曜日のオートキャンプサイトHは、2組3人で広々としていました

オートキャンプサイトHからセンターハウスを臨む

オートキャンプサイトHからセンターハウスを臨む

オートキャンプサイトHの一番入り口近くの奥から富士山を眺める

オートキャンプサイトHの一番入り口近くの奥から富士山を眺める

太陽光パネルに近いところはかなりの、そして奥にも少し傾斜がありましたが比較的テントやタープが張りやすいエリアです。

ただ、土曜日はかなりの数を入れるので、遅くに来た人たちはテントを張るエリアを確保するのにかなり悩んでいたようでした。

あまり富士山に寄りすぎると、逆に柵替わりの木々が邪魔になるかもしれません

あまり富士山に寄りすぎると、逆に柵替わりの木々が邪魔になるかもしれません

金曜日の富士エコキャンプ場は本当に天国のようでした!

金曜日の富士エコキャンプ場は本当に天国のようでした!

車で30分程度に便利な施設が複数ある

歩いて行けるのは『河口湖チーズ工房』ぐらいですが、車を出せばお風呂もあって便利なエリアです。

歩いて行ける!「河口湖チーズ工房」

富士エコキャンプ場に来たのなら真っ先におススメしたいのが、『河口湖チーズ工房』です。

美味しい手作りチーズを試食して購入する事ができます(訪問するときは電話で営業しているかをご確認ください)。

詳しくは「▼訪問の記録」をご覧ください。

山梨県|河口湖チーズ工房 ~キャンプ場から歩いて手造りチーズを買いに行ったよ! - クラフトビールとマイクロブルワリー
紅葉ももう見納めかな…な11月のある日、富士山の裾野にある富士エコキャンプ場でキャンプを楽しみました。 この時、2連泊でのキャンプだったのでいつもの忙しさと違い…キャンプ場周辺の自然を散策する時間がありました。調べたら徒
散歩がてら「河口湖チーズ工房」に出かけました

散歩がてら「河口湖チーズ工房」に出かけました

少し離れたところから見た富士エコキャンプ場

少し離れたところから見た富士エコキャンプ場

道の駅・食事ができるところ

  • 道の駅なるさわ:富士山の湧き水を汲める、現地の食材を買える、立ち寄り湯がある など
  • 道の駅朝霧高原:現地の食材を買える、複数の飲食施設があり広い など
  • まかいの牧場:お子様を遊ばせるには良さそうなところ。私は小動物を愛で、アイスクリームを頂きました

立ち寄り湯(温泉)

  • 富士眺望の湯ゆらり:道の駅なるさわの奥にあります。浴室から富士山が見えます
  • あさぎり温泉 風の湯:「バナジウム天然水」を沸かしているようです(温泉といえる?)
  • 富士田貫湖温泉 富士山恵みの湯:田貫湖の「休暇村富士」内の温泉。露天が無いのが残念
  • 富士山西湖 いずみの湯:一番遠いいですが、西湖ドライブも楽しめます

中央道から向かわれる方は、少し離れていますが手前で温泉に立ち寄るのも良いかもしれません。

▼ 私が行に立ち寄った『芭蕉 月待ちの湯』

山梨県|山の中の天然温泉 芭蕉 月待ちの湯
山の中の天然温泉 芭蕉 月待ちの湯は、山梨県都留市にある天然温泉の立ち寄り温泉施設です。 富士山近くのキャンプ場『富士エコキャンプ場』に連泊予定の日、まずはこちらで温まってから向か...

見どころ

  • 田貫湖:北側にたぬき展望台があり、徒歩でなら一周できます。紅葉がきれいです(桜の木もありました)
  • 陣馬の滝:小さな滝ですが、涼やかな風景が楽しめました
  • 白糸の滝:全国的に有名な名所の一つ。この滝も、滝と富士山が一緒に撮影できるポイントも大好きです
  • 県道71号線:紅葉ドライブを楽しむなら、国道139号線も見る事ができますがこちらもおススメ

富士エコキャンプ場の個人的にちょっと残念なところ

富士エコキャンプ場は富士山がしっかりと見えるだけでなく、設備も整っていて便利なキャンプ場です。ただ残念な事はありました。

  • 雨に弱い(水はけが悪い)
  • クワイエットタイムがない?(朝早くのおしゃべりに起こされました)
  • イベントグループに対して前もっての注意はない?(車のグループが居たのですが、エンジンを吹かしている音が煩かったです)
  • ゴミは、鶏の餌となる生ごみ以外は持ち帰り
  • 土日は隣人が近くなる(場所によってはそれなりにテントが近いなと思いました)
雨のオートキャンプサイトH。「雨の日はあまり車の出し入れをしないで欲しい」と…

雨のオートキャンプサイトH。「雨の日はあまり車の出し入れをしないで欲しい」と…

富士エコキャンプ場の混雑具合

金・土・日の連泊でしたが、予約開始日でなくても予約がとれました

金曜日は1つのエリアに2組程度しかおらずかなり広々。水道やトイレを使うにも待ち時間はありません。

流石に土曜日は朝からアーリーチェックインをする車も多く満員でした。

金曜日のゆったり具合に比べ・・・土曜日は満員でした

金曜日のゆったり具合に比べ・・・土曜日は満員でした

入場してくる車を見ていて思ったのですが、アーリーチェックインもあり、予約エリアが事前に決まっている事もあり、休日(土曜日)は15時過ぎると場所取りにかなり苦労しそうです。

フリーサイトですが、「1組10m四方」も無かったように思えます。早くに来た人は、あとどのぐらいの人が来るのかはわかりませんので詰めてテントを設営するわけでもありません。苦労して空きを見つけてテントを張ろうとしたら「えー、ここ2列じゃないの?3列あり?」と聞こえるように不満を言う方もおり(そんなルールはありませんでしたが)、何組も行ったり来たりしていました。

傍から見ていると「そこ入れるのでは?」「なぜそこに張らないの?」と思う事もあったのですが、どうしても迷った方は受付に行き、キャンプ場のスタッフの方に相談したら良いかと思います(1組だけ受付から戻って来た後に別のサイトに移動していました)。

富士エコキャンプ場はソロキャンに向いている?

富士エコキャンプ場は、個人的にはソロキャンにも向いていると思います。

安全面

センターハウスは夜でも明かりが付いており、スタッフの方が宿泊していたと思われます。

完全予約制ですし、近くに民家などはありませんので、暗くなってから出入りする車もありませんでした。

キャンプ場自体がそれほど大きくありませんので、サイト「A」以外はセンターハウスにも近く不安は感じづらいです。

人が少ないと不安に感じるのであれば、休前日が良いかもしれません

人が少ないと不安に感じるのであれば、休前日が良いかもしれません

セキュリティは当然、個人の意識が一番大事です。高価なギアの盗難も各地で発生しているようなので、仕舞えるものはテントや車に(念のため食べ残した食材も車に)入れて鍵をかける事は忘れずにしましょう。

特に女性は「見るからに女性とわかる可愛い設営や、服装は避ける」「防犯ブザーを用意する」(富士エコキャンプ場なら、他のキャンパーに聞こえると思います)「隙のない自分を演出する」など自衛を心掛けましょう。

独立性(孤立性)

サイトによっては休前日は込み合い、あまり孤立性はありませんが、緩やかな段差や樹木、太陽光パネルなどの建造物を上手く活かして、それなりに独立性は確保できそうです。

女性ソロキャンパーから見た富士エコキャンプ場(まとめ)

富士エコキャンプ場は混雑具合やサイトによってかなり雰囲気は異なりますが、広大な富士山を大きく楽しむ事ができるキャンプ場です。

センターハウス近くのトイレや水場は手入れが行き届いており、また、オートキャンプサイトAを除けばセンターハウスも近く安全性もそれなりに感じる事ができます。

区画サイトではないので、時間帯や状況によって場所取りに苦労する可能性もありますが、キャンプ場内も含め散歩しつつ色々な角度で景色を楽しめます。

標高は800mほどですので真夏はそこそこ暑いのではないかと思いますが、11月中であれば最低気温もマイナスには行かず、過ごしやすいのではないでしょうか。

詳細情報

富士エコキャンプ場(富士エコパークビレッジ)

公式サイト
富士エコパークビレッヂ  富士エコキャンプ場
住所
山梨県 南都留郡富士河口湖町富士ケ嶺633-1
最寄り駅
バス路線からも離れていますので、車がお勧め
マップコード(管理棟)
312 269 822*10

詳細・最新情報は公式サイトでご確認ください

訪問日
1回目 2022年11月25日・26日泊