【千葉】京成バラ園でバラの季節の締めくくり(6月初旬)

京成バラ園(Keisei Rose Garden)東京近郊
京成バラ園(Keisei Rose Garden)は大株のバラがとにかくすごい!

千葉県にはいくつかのバラ園がありますが、何と言っても有名なのが『京成バラ園』(Keisei Rose Garden)です。すでに見頃は過ぎているとは知りつつも、「多分、まだ楽しめるはず!」と行ってきました。

スポンサーリンク

京成バラ園(Keisei Rose Garden)とは

『京成バラ園』はローズガーデン(入場料あり)、ガーデンセンター、レストラン、ベーカリー、ショップ、イベントスペースを併設する国内最大級のバラ園(Rose Garden)です。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

『京成バラ園』園内図(看板)

1959年に開園して以降植物の品種や演出方法を追加し続け、現在では1,600品種、10,000株のバラを誇るローズガーデンになりました。バラを眺めるだけではなく、バラをはじめとしたさまざまな植物の苗やガーデニンググッズを販売するガーデンセンター、バラのソフトクリームやグッズが楽しめるお店があり、2010年には石窯ベーカリーもオープンし、バラの季節以外にも楽しめる施設となっています。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

京成バラ園の入口。入場料は他のバラ園に比べ高いですが、それだけの規模!

6月初旬の京成バラ園

今年いくつかのバラ園に行ってみて、開花時期に品種ごとに差はあるものの東京近郊のバラの見頃は5月後半までだなと感じました。もちろん、6月中もバラを楽しむことができるのですが、どこのバラ園も花ガラをきれいに取り除くことができず、どうしても見た目の美しさが損なわれてしまうのです。(登録制の「見ながら花ガラ摘みボランティア」なんてあれば、絶対参加するのに!)

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

「満開は過ぎていますが…」と入り口にメッセージがありました。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

京成バラ園は広くて、大きなバラの樹がたくさん!さらには林を活かしたあじさいガーデンも。

ベルサイユのばらファン必見!ベルばらのテラス

「ベルばらのテラス」は入り口入ってすぐ左手、レストランのデッキ沿いに歩くとあります。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

「ベルばら」のテラス。遠くから見るとこんなコンパクトですが…

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

植えて何年も経っているのか、立派なロザリーやアンドレが。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

もちろん、主役はこのお二人。右のピンク色のバラが『王妃アントワネット』、左の白いバラが『オスカル フランソワ』。パネルは等身大ということですが…顔小さすぎ!

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

深紅のバラが『ベルサイユのばら』。ベルサイユシリーズのほとんどの苗が、ガーデンセンターで購入できます。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

この日はすごく日差しが強かったので、雨傘を日傘として貸し出していました。

「バラと恋人の聖地」散歩

『京成バラ園』のキャッチコピーは「バラと恋人の聖地」。どうやら正式認定らしいです(笑)が…流石に平日の午前中はマダムたち、女性のグループが多いようです。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

「ベルばらのテラス」やその手前の写真コーナー(無料で撮影してくれていました)から全景を眺めてからスタートします。

面積30.000平方メートルの敷地をぐるっと回ってみます。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

「ベルばら」のテラスからそのまま進むと「バラの丘」や「見晴らし台」へ。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

途中、ベンチが置いてあります。大抵、ベンチが風景が見えるように設置してあるということは、ビュースポットということですね。こういうところでのんびりするのも良さそう。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

なるべく美しい場所を探して写真を撮ります。アーチも少し緑が多くて寂しいかな。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

少し高台になっているので、中央部が風景として眺めやすいのが良いです。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

京成バラ園の遠景もマンションですね。あそこからは咲き具合がわかるのかしら?

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

見晴らしのよい「アライブステージ」。バラコンテストで受賞した『アライブ』という品種が植えられています。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

バラの谷への動線に、とても立派なスタンダート仕立ての白いバラが!

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

京成バラ園は約60年前にオープンしているので、とにかく自由奔放に大きくなったバラが見事!

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

「バラの谷」にある可憐な『バレリーナ』。このエリアはバラの香りがとても良いです。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

大きなオールドローズの樹。バラってこんなに大きくなるんだなぁ~と見上げてばかり。

バラ以外も。四季折々の風景を楽しむ

正直、「バラ園」と聞くと「5月・6月。10月・11月はどうしているのだろう?」と思ってしまうのですが、『京成バラ園』では、「自然風庭園」など趣向を凝らし、バラ以外の植物を楽しめるようになっています。入場料もハイシーズン(1,000円/1,200円税込)よりかなりお安くなる(300円/500円税込)ので、お買い物がてら散歩するのも良さそう。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

「散策の庭」から「自然風庭園」へ。小さな川が流れていて、とても涼やかです。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

立派な藤棚。ゴールデンウイーク頃が見ごろでしょうか?

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

「あじさいガーデン」の噴水が見えてきました。

あじさいガーデン

春のバラがあ終わりの頃に見頃を迎えるあじさい。あじさいを集めた「あじさいガーデン」は初夏の散策にぴったりです。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

まだ梅雨前になのに真夏日だったこの日、この噴水にどんなに涼やかさを感じたか…

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

鳩も暑いのかな?!日陰でじっとしておりました。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

あじさいガーデンには日陰が沢山あります。ベンチで休んでいるご婦人方も。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

さりげなくバラも植わっています。すでに時期を過ぎて実がついている『ロサ・ユーゴニス』。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

あじさいは涼し気ですね…。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

自然に近い形で植物があるのは、ホットしますね。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

あじさいもさまざまな品種が植えられています。こちらは今回一番のお気に入りの『恋物語』。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

私が撮影するあじさいは、山アジサイ系が多いようです。大きな単色の花は一枚も撮っていなかった…。

京成バラ園(Keisei Rose Garden)

木陰を抜けて、バラのエリアに戻ります。