ドライブに必須な『マップコード(map code)』に関する覚書

マップコード(Map Code)旅や写真にまつわるコト
マップコード(Map Code)

最近、国内ドライブ旅行で重宝しているのが『マップコード(map code)』です。

マップコードは、日本全国の緯度経度を数値化した6桁から12桁の番号です。最近のカーナビでは、電話番号のように登録して目的地を設定できる、便利なコードです。

スポンサーリンク

電話番号や住所より詳細!マップコードの仕組み

私がマップコードを使うようになったのは、使用しているうちに電話番号や住所(特に広大な土地の場合)よりも目的に近いのではないか?と思えたからです。

マップコードは、日本全国を細かく正方形で分割して、1コマ1コマに数字で目印を付けたものになります。

日本全国を方眼紙のように正方形で分け(ゾーン)、更にそれをブロック、ユニット、Sコアと細分していきます。

  • ゾーン:全国を1162個に分割(約27km四方)
  • ブロック:ゾーンを900個に分割(約0.9Km四方)
  • ユニット:ブロックを900個に分割(約30m四方)
  • Sコア(*の後に表現されている数字):ユニットを900個に分割(約3m四方)
マップコード(Map Code)

「東京ディズニーランド」の検索で表示されるマップコード。これではどう駐車場に行ったらよいのか、分からない結果になりそう

最後のSコアは3m×3mのエリアを指しているわけですから、住所より精度の高い位置情報を得ることができ、そのため大きな敷地の入口や、駐車場の入口なども正しくナビゲートできるのがスゴイところです。

マップコードを調べるサイト・アプリ

「行きたい場所名」+「マップコード」と付けてネットで検索すると、住所録関連サイトなどでマップコードを確認することができますが、まずは載っているサイトを探さないといけない…という点で大変面倒です。

オススメは、マップコードそのものを検索できるサービスやアプリケーションを使うことです。

「Google Map での日本マップコード検索」(パソコン・スマートフォン)

マップコード(Map Code)

マップコード(Map Code)東京ディズニーランド駐車場を検索してマーカーをクリックしてみました

Google Map での日本マップコード検索

場所名を検索すると、マップコードが表示されます。検索した場所の名前で登録されていない場所でも根気強く(?)地点をWクリックしていくとコードを出すことができるのでが便利です。

マップコード(Map Code)

マップコード(Map Code)駐車場の入口辺りをクリック(何度か)したら、マーカーが無い場所もコードが表示されます

スマートフォンアプリ「Drive! NIPPON」

マップコード(Map Code)

マップコード(Map Code)スマホアプリの「Drive! JNIPPON」(ドライブニッポン)

Google Play「Drive! NIPPON」App Store「Drive! NIPPON」

旅や日本各地のイベント情報を掲載しているアプリですが、メインの機能に「MAPCODE」があります。

マップコードを住所や緯度・経度情報に変換したり、住所や緯度・経度からマップコードを取得することができ、マーカーを動かすことで細かい地点の調整ができます。スマホ画面であるため小さいのと、若干操作がわかりにくいのが残念です。

結果をSNSやメッセージで共有することもできます。

どちらも良い点がありますが、私個人は「Google Map での日本マップコード検索」で検索して、その画面をスマホカメラで撮影してから車に乗り込みます(やはり小さい画面は使いにくいのです…)