【世界遺産】芸術で癒す。モデルニスモ建築 サン・パウ病院(Hospital Sant Pau)

サン・パウ病院@バルセロナバルセロナ(Barcelona)
サン・パウ病院@バルセロナ

1997年に世界遺産として登録された『サン・パウ病院』(Hospital Sant Pau)は、アントニ・ガウディと並んでモデルニスモ様式の建築家として著名なリュイス・ドメネク・イ・モンタネール(Lluís Domènech i Montaner)の残した広大で優美な建物です。

時間が足りないバルセロナ観光においても、是非訪れたい場所の一つです。

スポンサーリンク

サン・パウ病院(Hospital Sant Pau)とは

バルセロナの地図を見ると、有名なサグラダファミリアから真っすぐ北に道が伸びており、その1Km先に『サン・パウ病院』(Hospital Sant Pau)はあります。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ Google Map で見て見ると、敷地の広大さとサグラダファミリアと距離が近いことに驚きます。緑の点線が、ほぼ歩き回れる通路になるようです。

『サン・パウ病院』(Hospital Sant Pau)の敷地はサグラダファミリアの軽く4倍はあるように見えその規模の大きさに驚きますが、その中には世界遺産としての『サン・パウ病院』(Hospital Sant Pau)のほかに、近代的な四角い建物の大学病院(2009年から機能しているサン・パウ病院)、看護学校、私立病院、果ては語学学校まであります。余談ですが、もしバルセロナに語学留学するとしたら、この語学学校は是非候補に入れたいですね(笑)

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ とても絵になる病院です。一昔前に来た時はサグラダファミリアの後に来たのですが、あまりの違いに「モデルニスモって…?!」と首を傾げたのを覚えています。

19世紀のバルセロナでは人口が増加し医療施設が足りなくなり、新旧合わせた6つの病院を14万平方メートルもの敷地に統合する計画が1902年にスタート。48もの建物で構成される計画は実業家であったパウ・ジル氏が施主となっての巨大プロジェクトです。「芸術は人を癒す力がある」という考えの元、当時の最高の建築家の一人だったリュイス・ドメネク・イ・モンタネールが設計、残念ながら彼の存命中には完成しませんでしたが、息子が遺志を継ぎ1930年に完成します。

2018年9月現在、世界遺産は修復中です。敷地の北部に位置するモダンな建物に病院機能は写り、中央部は修復が完了した建物から観光を再開しています。

Hospital Sant Pau(サン・パウ病院)はオンラインで事前予約ができます

バルセロナの見学できる建物の多くは、オンラインで事前予約ができます。オンラインチケットは現地で並ぶ必要がない時間指定のものも多くあり、少し安くなるのも魅力です。

前もってクレジットカードで払えるので、両替を沢山しておく必要もありません。

[予約]オンラインチケット申し込み(Hospital Sant Pau/サン・パウ病院)

世界遺産に登録されたのは1997年ですが、2009年まではこの世界遺産になっている建物も病院として機能していたそうです。…ということは、私が前回訪問したときは現役の病院だったのですが、静謐で荘厳な…まるで大聖堂のような…空気は今と変わらないように感じます。

ガウディの先生だった!リュイス・ドメネク・イ・モンタネールとは

リュイス・ドメネク・イ・モンタネール(Lluís Domènech i Montaner 1850-1923 ※「ドメネク・イ・ムンタネー」との記述あり)バルセロナ出身の建築家で、のちには政治家にもなった人物です。

イスパノ=アラブ様式の独特さにモデルニスモ様式の曲線を加えたデザインが特徴ですが、ここで、あれ…誰かの描写に似ているなと。

若い頃から建築家として頭角を現していたムンタネーはバルセロナの建築学校で若い時から教鞭も取っており、たった2歳年下のアントニ・ガウディにも授業をしたことがあったとか。自分の影響を受けつつ更に高みを目指すかつての教え子を、モンタネールは晩年どんな気持ちで見つめていたのでしょうか。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ グエル公園から歩いて向かったため、広大な敷地のどこから入れば良いのか判断できず、「一周すれば絶対入り口があるのさ」なんて気楽に歩きだしたら…3辺も歩くことになってしまいました。最初は近代的な建物ばかりでしたが、次第にそれっぽいものが…!

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 大通りに入ったところで、きれいな鉄の柵になりました。しばらく歩いて行くと複雑な造形の建物や装飾が目に付くようになります。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ お洒落でアラブ風な趣もある建物がはっきりと見えてきました。でもまだ、入り口らしきものはありません💦

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 立派な紋章です。左側は虎でしょうか。右側は…牛?カタルーニャがらみかしら?

天気の良い日にお散歩気分がぴったり!のんびり歩きたい

現在(2018年9月)も『サン・パウ病院』(Hospital Sant Pau)の修復は進んでいます。また、中庭などではイベント(今回の訪問時は健康体操?みたいなノリで大勢がダンスをしていました)に開放されていることもあるので、訪問時期により見ることができるエリアは若干違うと思いますが、この正面の風貌には圧倒されること間違いなし。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 鉄の門扉がハードでもあり、そしてソフトでもある入り口。最初に見える美しい建物は「管理事務分館」と呼ばれています。

門扉をくぐり、まずは正面に見える噴水に佇むパウ氏に挨拶。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ こちらがサン・パウ病院の施主、パウ氏。鳩たちが等間隔に並んでいるのが、かわいー…

建物の右手奥に進むとチケット売り場があります。『サン・パウ病院』(Hospital Sant Pau)は人生2度目でそこそこ記憶があるな…ということもありセルフガイドの一番安いチケットを購入して中に入ります。バルセロナで唯一ここだけ予約をしていなかったのですが、日曜日のお昼頃のせいか(スペインの人々には若干早い時間です)思っていたより空いていました。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 世界遺産部分の全景模型です。今はこの手前の建物の右端におり、そのまま突き抜けて中庭に進みます。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 中庭に出ました。奥に見える建物は当日は入ることができませんでしたが、なかなか美しい!

手前の中庭(中庭は真ん中を上記建物で区切られている)をぐるりと見渡すだけで、豪華で美しい作品を楽しむことができます。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 中庭の中央にある建物の屋根の部分。翼を広げた天使が空を仰いでいます。結構、力強い感じの天使さんが多い!

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 同じ建物の彫像。よく、雨どいとして彫られている…でも、悪魔には見えないですね。グリフォンとか?

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 中庭の西側にある建物。この中庭の周りにある建物が最初の10棟のため、どれもなかなか豪華です。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 少し離れて真ん中に仁王立ちして眺めます。細かいタイル模様に石の飾りと繊細なのですが、重厚でもあります。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ くるりと振り返ると、入り口から見えた管理事務分館の後ろ側です。細い尖塔が更に繊細なイメージです。

光の交差が美しい管理事務分館

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 1階は開けたロビー。ピンク色でアラブ風の丸い屋根に石のバラをあしらった柱が、可愛らしくもあります。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 直射日光は入らないけれど、1階はガラス張り部分が多いため、意外と明るいです。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 床には淡い色のタイル飾りが。一部にしかありませんが、当時は全体がタイルだったのでしょうか?

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 中2階のような場所にある、素敵な廊下。陽がさんさんと差し込みます。人がいないと「ラッキ!」と叫びたくなります(笑)

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 窓ガラスはステンドガラス、天井にはタイルと、どれだけの人の手がかかっているのだろうと考えると、ため息が…

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 奥の階段があるスペースに進みます。少し暗いエリアなのですが、より天井のステンドガラスが映えます。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 階段を登りながら、中庭の方向を眺めます。北側なので直射日光は入らないのに、さえぎるものが無いから明るい、ステンドガラスが美しく見える条件がそろっています。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 螺旋階段を上がって行くと、階段の壁に設置された彫像たちとの距離が縮まります。ここは天使ではなくて…隠者?

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 天井のステンドガラスも迫ってきます。黄色とブルーのコントラストが、とても素敵

管理事務分館の2階から、サグラダファミリアを臨む

暗い螺旋階段を上がって行くと、大きな窓から日差しがたっぷり入る2階に辿り着きます。そう、その窓は南側に面しています。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ なのでしっかりと見ることができます。1Km先のサグラダファミリア!

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 広角レンズだと本当に小さいので、iPhoneに持ち替えてズームでも撮影してみました。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 天井が驚くほど高く、シンプルなステンドガラスが本当に静かなイメージです。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ ほかの部屋には少し変わった祭壇や、美しい彫像が付いたレリーフがあります。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ さほど広すぎない室内ですが、かなりがっしりとした装飾があります。でも色味のせいでしょうか…重い感じはしません。

サン・パウ病院@バルセロナ

サン・パウ病院@バルセロナ 2階の回廊(というか廊下)。細長いスペースは1階と変わりませんが、装飾はまったく違います。