マイクロブルワリー を訪ねて(7)静岡編:West Coast Brewery→AOI BEER STAND→OCTAGON BREWING→MT.Fuji Brewing→フジヤマハンターズビール→Repubrew

世界の車窓から~用宗駅へ向かう北陸&東海地方

今回の『大人のクラフトビール遠足』は近くて遠い(?)クラフトビールの激戦地・静岡県です。1泊2日でクラフトビアバーも含め、8軒もお邪魔してきました(1回の訪問数としては過去最多!)。

中国での拡大がささやかれている新型コロナウイルスを若干気にしつつ(アルコール消毒薬持参)ではありましたが、真冬のクリアな天気にも恵まれ、素敵な大人の遠足となりました。

スポンサーリンク

1日目は漁港から。新幹線で静岡駅へ、そして乗り換えて用宗駅を目指す

金曜日に有給を取り、普段の出勤に比べかなりゆっくり目の8時半過ぎに自宅を出発。遠足仲間であるビア友夫妻とは新幹線の中で待ち合わせです。

大人のクラフトビール遠足(静岡編)

東京駅から新幹線で、まずは静岡まで向かいます。もう出勤時間は越えた感じですね。

大人のクラフトビール遠足(静岡編)

朝ごはんは軽く済ませてきたので、私から車中差し入れ。6缶セットで買うしかないものって、なかなか無くならないものもあったりして。

大人のクラフトビール遠足(静岡編)

スマートEXでビア友と座席指定。新幹線も便利になりましたね!

West Coast Brewing(ウェストコースト ブルーイング)用宗タップルーム

静岡駅から東海道線に乗り換えです。

世界の車窓から~用宗駅へ向かう

静岡駅から用宗駅へ向かう車窓から。こういった風景を眺められるのも大人の遠足の楽しみです。空が広いなぁ~。

目的地の用宗駅は2駅先なので10分もせずに到着(だから飲んでいない)。用宗駅のGoogle Mapのコメントに合った通り、こじんまりとした可愛い駅です。降りた人は私たちだけっぽく。

世界の車窓から~用宗駅へ向かう

とても天気が良い、ビール日和です。きれいなホームに降り立ち、元来た方(多分)を見ると…

世界の車窓から~用宗駅へ向かう

富士山が!バタバタと階段を上がります。

世界の車窓から~用宗駅へ向かう

なかなかの絶景ですね!長く続く線路も、雪と曇に囲まれている富士山の青もとてもきれい。

大人の遠足(7)West Coast Breweryへ向かう道

West Coast Breweryへは道はわかりやすく、10分も歩かない…ということなので、駅舎の前にタクシーを横目に元気に歩きだします。空気が澄んでいて冬の冷たさが気持ちイイ。

大人の遠足(7)West Coast Breweryへ向かう道

工事中の港の側面にある通を真っすぐに進むと、行き止まり手前で目に入るのは、この「用宗みなと温泉」の文字。

大人の遠足(7)West Coast Breweryへ向かう道

首をくっと動かすと、先ほどまで壁にしか見えなかった所に素敵なブルワリーが。

『West Coast Brewing(ウェストコースト ブルーイング)用宗タップルーム』は、漁港が見えてからがかなり長く感じました(一番奥にある)。時間も早く前半はほかのお客さまもいなかったので、かなりのんびりと楽しませていただきました。

漁港と温泉と共に。West Coast Brewing(ウェストコースト ブルーイング)用宗タップルーム@静岡, 用宗 - クラフトビールとマイクロブルワリー
遠路はるばる、静岡県までクラフトビールを飲みに行ってきました。 『West Coast Brewing』(ウェストコースト ブルーイング)の『用宗(もちむね)タップルーム』は、用宗漁港の温泉施設と同じ敷地内にある、立地的
大人の遠足(7)West Coast Breweryへ向かう道

West Coast Brewing(ウェストコースト ブルーイング)のビールはどれも美しく、美味しいビールでした。なんと2時間も滞在。

大人の遠足(7)West Coast Breweryへ向かう道

黒とターコイズの壁、緑色のチューブ、金と黒の…これは圧力計?の色合いがオシャレです。

戻る道は道路ではなく、漁港側を通り抜けて海を見たり。用宗駅に戻ります。

大人の遠足(7)West Coast Breweryへ向かう道

ブルワリーから港方面に歩くと温泉の入り口が見えます。

大人の遠足(7)West Coast Breweryへ向かう道

いやぁ、感動するほど美しい海と空と富士山!!!

大人の遠足(7)West Coast Breweryへ向かう道

行きは道路を歩いていたのがもったいない!帰りは海の風景を楽しみながら。

世界の車窓から~用宗駅へ向かう

可愛い用宗駅から、再び東海道本線に乗って静岡駅に戻ります。

再び静岡駅へ。AOI BEER STAND(アオイビアスタンド)

東海道本線に揺られて戻ってきた静岡駅。ここから7分ほど歩くと今年7年目のマイクロブルワリー『AOI BREWING』(アオイブリューイング)の2店舗目『AOI BEER STAND』(アオイビアスタンド)があります。駿府城の向こうにある醸造所には併設されたレストランもあるそうなのですが、今回は駅チカで。

AOI BEER @ AOI BEER STAND(静岡)

道路わきのファッションビルの壁に、ぽこっとはまっているような。

“スタンド”というから、ある程度は狭いのは想定していたのですが、広い歩道から丸見えのガラス壁とそれに並行して設置されているカウンターの間は、想像以上に狭かった(笑)。でも、このこじんまりした空間が、飲兵衛には居心地がいいんですよね。

外からお店の混雑具合がわかって、気楽に立ち寄ることが出来るのがいいですね。

至福の昼のみ。ふらっと立ち寄る AOI BEER STAND(アオイビアスタンド)@静岡 - クラフトビールとマイクロブルワリー
『West Coast Brewing』(ウェストコースト ブルーイングの用宗タップルームを後にして向かったのは、静岡駅。駅前の大通りを10分ほど歩いて、到着したのは『AOI BEER STAND』(アオイビアスタンド)
AOI BEER @ AOI BEER STAND(静岡)

『AOI BREWING』のロゴマークは葵の御紋です。可愛い。

AOI BEER @ AOI BEER STAND(静岡)

小さなビアバーなのですが、ちょこっとおいてあるものが可愛いので、ついきょろきょろしちゃいます。

こちらには1時間ほどお邪魔して、次へ。友人が是非寄りたいというクラフトビアバー(つまりはマイクロブルワリーではない)へ。

ビア友おススメの『ビールのヨコタ』

完全な酔っ払いモードに入っていますが『AOI BEER STAND』から歩いてわずか5分。今度のお店は友人お気に入りのビアバー『ビールのヨコタ』です。

この日、『ビールのヨコタ』ベアードブルーイングのタップルーム『ベアードタップルーム 呉服町』に業態変更するんだよ、ってお話を聞いたのでした。

ビア友の必須立ち寄りクラフトビアバーへ。ビールのヨコタ@静岡(2020年3月よりベアードタップルーム 呉服町) - クラフトビールとマイクロブルワリー
『ビールのヨコタ』は2020年3月より『ベアードタップルーム呉服町』に業態変更されました。16タップの樽生ベアードビールが常設されており、その他樽生で飲めない季節限定商品もボトルコンディションビールで用意されているそうで
ビールのヨコタ

美味しいベアードのビールをいただきました。このロゴ入りグラスはどうなったんだろう?

「一緒に飲みましょう!」とお誘いしたのですが、残念ながらヨコタさんは休肝日でございました。1時間弱、酔っ払いの相手をしていただいてお店を後にしました。今度お会いするときはベアードのタップルームになっているわけですが、きっとお店の雰囲気は変わっていないんだろうなぁ。

浜松へ移動!OCTAGON BREWING(オクタゴンブリューイング)

『ビールのヨコタ』を出たのは17時ちょっと前。そろそろ辺りも暗くなってきました。再び東海道新幹線にゆられて、さらに西へと向かいます。荷物をホテルに置いて向かったのは、『OCTAGON BREWING』(オクタゴンブリューイング)

『OCTAGON BREWING』はまだ醸造開始して2年ほどの若いマイクロブルワリー。昔ながらのアーケードのある街並みに映える、モダンでお洒落な店舗が目をひきます。

Octagon Brewing(オクタゴン ブリューイング)

プールをイメージしたという店内の奥には銀色のタンクが輝いております…ああ…眼福。

4軒目だというのに…Mサイズで5種類並べます!

OCTAGON BREWING(オクタゴンブリューイング)でクラフトビールに溺れよう@静岡,浜松,第一通り - クラフトビールとマイクロブルワリー
静岡県のクラフトビールを1泊2日で楽しむ旅。そろそろ足元がおぼつかなくなってきての4軒目は、浜松駅から徒歩10分ほどの商店街にある『OCTAGON BREWING』(オクタゴンブリューイング)です。 『OCTAGON B
Octagon Brewing(オクタゴン ブリューイング)

「全部並べる」という行為は、未だにお店の人を戸惑わせるようで…でも、泡が消えて量が減るのは自己責任ですからお気にせず!

2日目は富士山の絶景からはじまる~富士山本宮浅間大社

2日目も素晴らしい天気!ホテルで朝食を済ませ、9時少し前に出発です。

大人のクラフトビール遠足(静岡編)

2日目も新幹線から。浜松駅から再び静岡駅へ。それにしても天気が良い。

大人のクラフトビール遠足(静岡編)

どこかで見たような電車に乗り換え。まだ1滴もクラフトビールを入れていないので、足取りは軽い。

大人のクラフトビール遠足(静岡編)

富士山のおひざ元、富士宮駅に到着です。

富士宮駅に到着したのは10時半前。お目当てのマイクロブルワリーは11時オープンなのでまだ少し時間があります。そこで、今まで近くに来ても行く機会が無かった富士山本宮浅間大社に寄り道です。

富士山本宮浅間大社へ

歩く道の横を流れる川も、水が凄くきれいなんですよねぇ。

富士山本宮浅間大社

のんびり15分ほど歩いて富士山本宮浅間大社に到着。青い空に朱塗りの鳥居が映えます。

富士山本宮浅間大社

駐車場の向こうに見える富士山。頭が雲に覆われちゃってます。あ、次の目的地の屋根が写ってた!

富士山本宮浅間大社

これ、だあれ?といつもの癖でお名前を探したのですが…これはどうやら流鏑馬を表現した名無しさんだったようで。

富士山本宮浅間大社

朱塗りの鳥居を抜け、駐車場を通り越し本殿へ。

富士山本宮浅間大社

こちらが駿河圀一之宮。なんていうか、しっとりとした作りですね。

富士山本宮浅間大社

優美な西回廊。

富士山本宮浅間大社

信玄桜。咲いているところが是非見てみたい、立派な枝ぶり。信玄が植えた桜の子孫だとか。

富士山本宮浅間大社

建物のちょっとした、こんな装飾を見つけるとテンションが上がります。

富士山本宮浅間大社

梅の花が咲いています。早咲き?

富士山本宮浅間大社

東鳥居近くの神幸橋から小さな厳島神社を臨みます。

富士山本宮浅間大社

しかし、驚くほど水がきれいですね~。池なのに淀まないんだ…。

富士山本宮浅間大社

あまりにきれいなので、お決まりのセルフポートレートを。富士山麓の湧き水で形成される湧玉池は国の特別天然記念物。

富士山本宮浅間大社

橋を渡り切って道路に出ました。可愛い歩行者用信号ボタンを発見。

30分もかけずに、ほぼ通り抜けただけの状態で早めのランチに向かいます。もちろん目的地はマイクロブルワリーです。

富士山の湧き水でつくるクラフトビール。ブルワリーレストラン Mt.Fuji Brewing』(マウントフジブリューイング)

富士山本宮浅間大社から富士山冨士公園線という片側1車線の道路を渡って辿り着いたのは、『ブルワリーレストラン Mt.Fuji Brewing』(マウントフジブリューイング)。開店とほぼ同時に(もしかしたら少し早かった?)飛び込みました。

ブルワリーレストラン Mt.Fuji Brewing(マウントフジ ブリューイング)

建物は富士本宮浅間大社の脇を走るそこそこ交通量の多い道路に面しているのですが、土台が高いので気になりません。素晴らしい設計!

今日は全部で3軒回ってから東京に戻る予定なので、あまり飛ばさず料理は軽めにいただきました。

ブルワリーレストラン Mt.Fuji Brewing(マウントフジ ブリューイング)

って言っても、やっぱり並べるんですけどね…でも、小さいサイズで!

『ブルワリーレストラン Mt.Fuji Brewing』もまだ新しいブルワリーですが、5種類以上のオリジナルのクラフトビールと地産地消のお料理が楽しめます。日本の昔からの色の名を冠したクラフトビールのほか、お洒落なランチやカフェも楽しめまず。女性客が多かった印象。

【静岡】富士山のおひざ元。ブルワリーレストラン Mt.Fuji Brewing(マウントフジブリューイング)@富士宮,西富士宮 - クラフトビールとマイクロブルワリー
大人のクラフトビール遠足の2日目。1軒目は富士山本宮淺間大社のお向かいにある『Mt.Fuji Brewing』(マウントフジブリューイング)です。 『Mt.Fuji Brewing』(マウントフジブリューイング)はネット
ブルワリーレストラン Mt.Fuji Brewing(マウントフジ ブリューイング)

醸造設備が見えるように外に設置されたカウンターでも飲んでみたい。

1時間半のんびりして、再び富士本宮浅間大社へ。通り抜けて次の目的地へ向かいます。

富士山本宮浅間大社

今度は厳島神社の前を通ってみよう。

富士山本宮浅間大社

2つの橋でつながった小さな敷地にあるのが厳島神社。

富士山本宮浅間大社

厳島神社の東側にいる獅子。愛嬌があって可愛い。

富士山本宮浅間大社

西側の狛犬。阿吽の「吽」が凛々しいですね。

富士山本宮浅間大社

こちらはすぐ近くにある稲荷神社。

富士山本宮浅間大社

勿論、狐様も撮ります。新しいのかな?モダンなフォルム。

富士山本宮浅間大社

池に面した掃き出し窓が妙に気になる。あそこでぼーーーっとしたいなぁ。

富士山本宮浅間大社

池に沿って拝殿の裏の方向に向かいます。冬とはいえ天気が良く、日影が気持ち良いです。

富士山本宮浅間大社

湧き水を汲んでいる人がいる?!早速見に行きます。そういえば「マウントフジブリューイング」の隣に富士山の湧き水で沸かしたというコーヒー屋さんがありましたね。

富士山本宮浅間大社

飲んでみたかったけれど、生水では飲んではいけないとありました。残念。

富士山本宮浅間大社

南極観測船「ふじ」により持ち替えられた南極の石(右)と宝永大噴火の際に飛来したと伝わる火山弾(左)。

ジビエあるかな?!フジヤマハンターズビール 浅間大社タップルーム

東から西に富士山本宮浅間大社を通り抜け西の鳥居をくぐると、武田家滅亡後、駿河遊覧をした織田信長が座って富士山を見たという「富士見石」のある通りに出ます(おかしい。写真を撮ったはずなのに、ナイ)。

そこからすぐにあるのが『フジヤマハンターズビール 浅間大社タップルーム』。そう、以前山の方までお邪魔しに行った『FUJIYAMA HUNTER’S BEER』のタップルームです。

Fujiyama Hunter's Beer(フジヤマハンターズビア 浅間大社タップルーム)

土曜日のオープンは13時から。まだ少し時間があるので、うろうろキョロキョロしながら時間を潰します。

大人のクラフトビール遠足(静岡編)

カラフルなマンホールの蓋を発見。

オープンと同時に店内に滑り込み、狭いけれど手作り風で可愛らしいタップルームで5種類のクラフトビールを頂きます。

【静岡】手軽に飲める!フジヤマハンターズビール 浅間大社タップルーム(Fujiyama Hunter’s beer tap room)@富士宮,西富士宮 - クラフトビールとマイクロブルワリー
以前、クラウドファンディングに参加し、ブルワーに訪問した『フジヤマハンターズビール』(Fujiyama Hunter’s beer)。 『フジヤマハンターズビール』は、自分がジビエ好きということも手伝って猟師も農家も兼ね
Fujiyama Hunter's Beer(フジヤマハンターズビア 浅間大社タップルーム)

個性的で美味しいクラフトビールも勿論嬉しいのですが…

Fujiyama Hunter's Beer(フジヤマハンターズビア 浅間大社タップルーム)

私の目当てはジビエ料理!このために前のお店でのランチは控えめにしていたのだ!

ガッツリお腹にも入るメニューもあり、タップルームながらもランチにおススメできます!大鹿窪にある醸造所&タップルームも趣があって良いけれど、ジビエが食べられるのはなかなか…。

【静岡】FUJIYAMA HUNTER’S BEER(フジヤマ ハンターズビール)富士山麓の素材100%のクラフトビールを自然の中で楽しんできた!(クラウドファンディングリターン報告)@西富士宮 - クラフトビールとマイクロブルワリー
クラウドファンディング『富士山麓の素材100%でつくる!四季のうつろいを楽しむクラフトビール』を受け取りに、FUJIYAMA HUNTER'S BEER(フジヤマハンターズビア)にお邪魔してきました!

こちらでも1時間20分ほどのんびりとクラフトビールとフードを頂きました。ご馳走さまでした!

そして、この旅最後のお店へ向かいます。

2度目の来訪。沼津駅前ビール工場 Repubrew(リパブリュー)

再び富士宮駅から電車に乗って、今度は帰京途中の沼津駅で下車します。時間はまだ(もう?)15時半ですが、既にオープンしている昼のみ可能なマイクロブルワリーのレストランに向かいます。

Chef & Brewer Repubrew(シェフ&ブルワー リパブリュー沼津)

沼津駅から徒歩3分の駅チカ!(この写真はお店を出るときに撮影したので真っ暗です)

『沼津駅前ビール工場 Repubrew』(リパブリュー)に来るのは2度目。以前来たときは確か、1泊の予定で『FUJIYAMA HUNTER’S BEER』の後に来たのでした。その時はあまりフードを食べた記憶が無いのですが、今回は少し早い夕食だし、しかも3人だから、食事ができるのも楽しみにしていました。

沼津駅前ビール工場 Repubrew(リパブリュー)

『沼津駅前ビール工場 リパブリュー』のインテリア、インダストリアル系ですごく好み。

『沼津駅前ビール工場 Repubrew』では何と19種類のオリジナルビールを頂くのでした。流石にサイズは小さくしたけれど…どれだけ飲むんだろう?

【静岡】オリジナルのクラフトビールでこの品ぞろえ。沼津駅前ビール工場 Repubrew(リパブリュー)@沼津 - クラフトビールとマイクロブルワリー
沼津駅から徒歩2分。アクセスの良いマイクロブルワリーの『沼津駅前ビール工場 Repubrew』(リパブリュー)は2回目の訪問です。 この日は3軒目のクラフトビアバーなので…写真も記憶も、結構いい加減💦 沼津駅前ビール工場

毎回この「大人の遠足」で思うのは、お一人さまには無い豪華さですね。何が豪華って「食べたいものが食べられる」「飲みたいものが飲める」、これに尽きる。3人の胃袋と肝臓にカンパイ!←いつまでも元気でありますように。

【静岡】Chef & Brewer Repubrew(シェフ&ブルワー リパブリュー沼津)かなり駅近!醸造設備も眺められるブルーパブ@沼津 - クラフトビールとマイクロブルワリー
沼津駅から数分で行けるブルーパブ、『Chef & Brewer Repubrew』(シェフ&ブルワー リパブリュー沼津)に週末に行ってきました。ビアクロール&一人飲みに嬉しい、テイスティンググラスでオリジナルビールを全種類いただきました!

18時頃までのんびりと多種多様なクラフトビールを堪能して、帰路につきました。

1日目は16,818歩、2日目は11,031歩、トータル27,849歩、約36時間の遠足でした。お疲れさまでした!

…お気づきかもしれませんが、「8軒訪問」といいつつ一軒足りないのです。実はお目当てのお店が貸し切りで入れなかったため、近くのクラフトビアバーに入ったんですよね。何を飲み食いしたかも覚えているのですが、写真も適当だったし…どうせ書くなら次の機会にきちんと入れたい(笑)

大人のクラフトビール遠足(静岡編)

近くに行ったら、今度は忘れずに御朱印長を持っていくと誓う。

マイクロブルワリー&寄り道情報

West Coast Brewing(ウェストコースト ブルーイング)用宗タップルーム

公式サイト
Beer – West Coast Brewing
ネット予約
(予約不可)
住所
静岡県静岡市駿河区用宗二丁目18-1
最寄り駅
東海道本線用宗駅 徒歩15分

AOI BEER STAND(アオイビアスタンド)

公式サイト
AOI BEER STAND
ネット予
(予約不可)
住所
静岡県静岡市葵区御幸町4-6(Den bill 1F)
最寄り駅
静岡駅から徒歩7分

ベアードタップルーム 呉服町(旧 ビールのヨコタ)

公式サイト
ベアードタップルーム 呉服町
ネット予約
(予約は電話で)
住所
〒420-0031 静岡県静岡市葵区呉服町2-5-22 ソシアルカドデビル2F
最寄り駅
JR静岡駅から徒歩12分

OCTAGON BREWING(オクタゴンブリューイング)

公式サイト
Octagon Brewing – the micro brewery located in Hamamatsu,Shizuoka
ネット予約
(予約は電話で)
住所
静岡県浜松市中区田町315-25
最寄り駅
JR浜松駅から徒歩10分、遠州鉄道 第一通り駅から徒歩5分

ブルワリーレストラン Mt.Fuji Brewing(マウントフジブリューイング)

公式サイト

世界の頂を目指すブルワリーレストラン Mt.Fuji Brewing
ネット予約
ぐるなび
住所
最寄り駅
JR見延線富士宮駅から徒歩12分

フジヤマハンターズビール 浅間大社タップルーム

公式サイト

静岡・富士宮のクラフトビール醸造所「フジヤマハンターズビール」
ネット予約
※予約不可
住所
静岡県富士宮市宮町12-20 いちふくコーポ 1階
最寄り駅
JR見延線西富士宮駅から徒歩8分、富士宮駅から徒歩15分

沼津駅前ビール工場 Repubrew(リパブリュー)

公式サイト
Chef & Brewer Repubrew
ネット予約
Hotpepper
住所
静岡県沼津市大手町2-1-1 ポルト沼津 B1F
最寄り駅
JR沼津駅 徒歩3分

詳細・最新情報は公式サイトでご確認ください