【世界遺産】熊野を歩く – 熊野本宮大社と熊野那智大社 2015

熊野那智大社と那智の滝近畿地方
熊野本宮大社と熊野那智大社&那智の滝 バスツアー

この記録を記述している2019年のゴールデンウイークの旅行は和歌山に決まりました。

2日目に熊野方面に行くことになったのですが、4年前に世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を周るバスツアーに参加したのですが熊野のどこに行ったっけ…と記憶も定かではなく。

撮影した写真を見ながら振り返りました。この当時はまだ使い勝手がよろしくないNikonのミラーレスを使っており…もちろん私の落ち着きの無さが多大に影響しているのですが、ぶれぶれの写真だらけでした💦

スポンサーリンク

熊野本宮大社(世界遺産・国指定重要文化財)

私には珍しく、両親に付き合ってのバスツアーでした。東京からは新大阪空港を利用し初日の目的地は吉野山と高野山、二日目が熊野というなんとも忙しい旅。

熊野本宮大社

熊野本宮大社は熊野三山の中心で、全国約3000あるという熊野神社の総本宮。

熊野本宮大社

すごく難しい由来があるのですが、簡単に言えば神様が降り立った場所で、歴史は神武天皇までさかのぼります。

主祭神は家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)、昔はくまのにいますじんじゃ(熊野にいらっしゃる神)と呼ばれていたとか。

造船術を伝えた神様で船玉大明神(ふなたまだいみょうじん)とも呼ばれて古の頃から敬われていた働き者の神様です。

熊野本宮大社

一番上に四殿並んでいるのは今まで参拝した神社にはあまりない作り。華美でなく重厚な建物は

参拝の順序が決まっているそうなのですが、この順番に並んでいるわけではないので、きちんとそのとき出来ていたかは定かではありません…。

  1. 証誠殿(本宮・第三殿) 家津美御子大神
  2. 中御前(結宮・第二殿) 速玉大神
  3. 西御前(結宮・第一殿) 夫須美大神
  4. 東御前(若宮・第四殿) 天照大神
  5. 満山社         結ひの神(八百萬の神)
熊野本宮大社

八咫烏ポスト(やたがらすぽすと)は黒くてつやつや。この黒は本宮の大地を象徴する神聖な色だそう。ポストは現役ではがきなどを送ることができます、社務所に言えば特別なスタンプを押してくれるので自分に出すのもいいかも。

熊野本宮大社

この建物、とても立派なのですがどこにあったものか不明です。今年の旅行で見つけられるかな…。

熊野本宮大社

元来た参道を戻ります。なかなか静謐で良い感じの通りなのです。

那智の滝(那智御瀧)と那智飛瀧神社(世界遺産・国指定名勝)

熊野本宮大社のあと、1時間ほどバスで移動して那智の滝(那智御瀧)にやってきました。滝好きなので、当日はここが一番の楽しみでした。

熊野那智大社と那智の滝

まずは高低差のあまりない細い参道を歩いて那智の滝へ。滝の前に鳥居があるのはここが那智御瀧を祀る那智飛瀧神社だからです。

熊野那智大社と那智の滝

滝の高さは133mほど。滝壺は10mとかなり深いです。思っていたよりも水量は少なかったのですが、周りの岩の色のせいか妙に落ち着いて神々しく感じます。

熊野那智大社と那智の滝

色々な角度で滝を楽しむ…鳥居から覗くとこんな感じ。

熊野那智大社と那智の滝

少し移動して一番近いところから見るとこんな感じ。2013の紀伊半島豪雨災害で被害を受け入場できなくなっていた那智の滝も見事に復活です。

熊野那智大社と那智の滝

那智の滝から一旦道路に出て、緑の参道を歩いて熊野那智大社に向かいます。

熊野那智大社(世界遺産・国指定重要文化財)

熊野那智大社と那智の滝

結構な階段を登ります。私はさほど問題なかったのですが、ご年配の方々は大変そう。。

熊野那智大社と那智の滝

世界遺産登録されてから観光客が増え、苔が減ってしまったというニュースを聞きました。中辺路などであればもっと見ることができるのでしょうか。

熊野那智大社と那智の滝

こちらは熊野那智大社の表参道の鳥居。まだまだ階段が見えるんですが…。

熊野那智大社と那智の滝

鳥居をくぐってもまだまだ階段が続きます。熊野本宮大社や飛瀧神社と異なり朱塗りの鳥居が鮮やか。

熊野那智大社と那智の滝

階段を登ったと思ったらまた階段…蛇行しつつ進みます。

熊野那智大社と那智の滝

どこにいたか不明の狛犬。大抵獅子とセットで写真を撮るのですが、1枚だけでした。疲れていたのかな…。

熊野那智大社と那智の滝

平重盛が植えたという言い伝えがある、樹齢約850年の樟(クス)も祀ってあります。通り抜けができる(有料)そうですが、やった記憶が無いな…。

熊野那智大社と那智の滝

目にも鮮やかな拝殿の主祭神は熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ/イザナミノミコト)。

熊野那智大社と那智の滝

拝殿近くから下界を臨みます。…なぜこんな遠景で、こんなにぼけているんでしょ…。

熊野那智大社と那智の滝

ここは一段下がったところにある那智山青岸渡寺。こちらの建物も国の重要文化財です。

熊野那智大社と那智の滝

朱塗りの三重塔の向こうに那智御瀧が見えます!この風景を見た感動がまったく記憶になかったという寂しさ。

熊野那智大社と那智の滝

もう少し近くから。もうちょっと高い位置から写真が撮れるっぽいのに…自分、ふがいなし。

熊野那智大社と那智の滝

民家などもある裏参道を歩いて駐車場に向かいます。

熊野那智大社と那智の滝

はて?これはどこの写真だろう?!

実は、那智大社の三重塔と那智御滝が美しく映っている雑誌を見て、「この風景の写真、撮ってない!」って思ったのですが実は撮っていたという…。

記憶はどんな方法であろうと、すぐにカタチにしないとダメですね。でも、写真を撮っていたのでゴールデンウィークの旅行では那智大社まで登るのは省き、訪問していなかった熊野速玉大社に行くことになりそうです。

熊野本宮大社と熊野那智大社情報

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

公式サイト
熊野本宮大社
マップコード
478 318 187*24(一番近い駐車場)
住所
〒647-1731 和歌山県田辺市本宮町本宮
駐車場
あり(無料)

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)

公式サイト
熊野那智大社 那智御瀧 飛瀧神社
マップコード
246 002 215*23(那智の滝 第二パーキング)
住所
〒649-5301 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
駐車場
あり(無料)

当ページの情報は最終更新時のものです。詳細・最新情報は公式サイトでご確認ください